圧倒的に地元に愛され、口コミで広まった蔵

《 売れる味だから造るのではない 》

●新潟が淡麗辛口で爆発的に売れた時代「地元の味を決してないがしろにしてはならぬ」という先代の教えもあり地元の味を蔵の味を守り通してきた。→そんなコトもあり鶴齢は地元に圧倒的なファンが多い蔵です。

●全国の人気蔵は隙がない、この蔵が集まる勉強会で酒のトレンドを学んでいる。造りはロマンも大事だが理系で化学で炭素記号で出来ていることを教えられる。

●最近人に知られるようになったのは…?東京の丸ビルで毎週第2木曜日(2木の日)に定期的なイベントをやり続けた。次第にファンが増え始め口コミが始まった。地元のファンも口コミ営業マンをしてくれたと思う。それが重なって来たのだと思う。

●うちの営業マンは杜氏にモノを言う。営業マンも酒造りの1人であるからだ。

創業300年の祝いが盛大に行われました。青木酒造は地元を大切にして来た蔵です。私は地元ですのでそれがわかります。ファンと地元の人達の口コミで広がっている酒です。

ぽんしゅ館データとは、酒蔵さんとの話の中で印象的だった事、面白かった事をメモ書きしたものです。少し乱暴に書き並べていますがご了承ください。