日本酒をデザインでお洒落にした蔵

《 目指した酒は淡麗辛口 》

●今の代を司る…だから今代司。

●北前船で賑わった時代、古町で芸妓と料亭の町で旅館を営んでいたが、旅館の資材を全て使い酒蔵に転身。

●プロ野球球団 DeNAベイスターズ、横浜球場の日本酒限定酒。

●注目するのはデザイン力。“にしき(鯉)”の酒瓶のデザインは数々の賞を受ける。“おむすび”という銘柄は農家、飲食店、酒蔵が手を結んで造り上げた酒、“おむすび”がデザインのモチーフです。

今代司は日本酒にデザイン力でイメージを革新した蔵です。日本酒をもっとお洒落にして行くはずです。今代司は歴史をしっかりと残しているミュージアム(見学蔵)でもあります。

ぽんしゅ館データとは、酒蔵さんとの話の中で印象的だった事、面白かった事をメモ書きしたものです。少し乱暴に書き並べていますがご了承ください。