感性という図面を頼りに酒は出来る

《 食事の中で生きる酒 》

●昭和11年に八木酒造と小松酒造が合併して頚城酒造となった。酒蔵は小松酒造で、経緯は八木酒造が行っている。

●現蔵元は18代目で古い蔵。酒米についてはいち早く新潟産米を使い現在は100%新潟県産。

●蔵元は「酒の設計は私がやります。旨みを持ちつつ、後味すっきり、きっちりと切れる、酒で料理が旨くなり、料理で酒が旨くなる…これが私の設計する正統派な酒です。」

●昔は釜の残り湯で風呂に入っていた。

酒は設計図を頼りに造りが始まります、その設計図は目には見えません。感性という設計図面なのです。酒造りは杜氏を中心として蔵人の感性が1つに向かわないと完成しない仕事なのです。

ぽんしゅ館データとは、酒蔵さんとの話の中で印象的だった事、面白かった事をメモ書きしたものです。少し乱暴に書き並べていますがご了承ください。