自社製酵母で造る酒

《 バランスの取れた真のある酒 》

●酒造りが始まると会社の人でも酒蔵には入れない、基本的には蔵に部外の者が入る事は許されていない。

●蔵元は言う… 「根っこにある酒造の技術、モノづくりの姿勢、小手先で物を作らない、この精神を継承してきました。酒造りで怖いのは前での失敗を後で取り返せないところです」 →厳しい姿勢が伺われます。

●高野酒造は自社で開発をした10種類の酵母を使う。

蔵は協会から酵母を仕入れます。これを協会酵母と言うのですがたくさんの酵母を持ち質も高いと言います。それでも自社の酵母を使うのは自社で造る酒へのこだわりでしょう。

ぽんしゅ館データとは、酒蔵さんとの話の中で印象的だった事、面白かった事をメモ書きしたものです。少し乱暴に書き並べていますがご了承ください。