酒蔵の奥様、内助の功

《 なによりも丁寧に造る事が大事 》

●奥様がおはなしをしてくれた…。

蔵元とは大学で出会い酒蔵のことはまったくわからないまま嫁ぎました…

●酒造りと経営はまったく別で酒造りは杜氏に任せている。蔵にはおんなしょ(女性)がたくさんいて蔵人の朝昼晩のまかないや世話をしていた。今は事情がすっかり変わった。

●今年5代目の長男が蔵に戻って杜氏さんに付いて造りを始める。今の杜氏がこの蔵にやって来たのが5代目が生まれた年だった。その杜氏について酒造りを習う…。→時代のバトンタッチを感じるわけです。

●「私共はたくさん造ることは考えていません。それよりも丁寧に造ることが大事です。」 と託すように話した。

酒蔵の奥様…酒蔵を支えて来た大きな力だと思います。ここにも私達は注目し日本酒の歴史を学びたいと思います。

ぽんしゅ館データとは、酒蔵さんとの話の中で印象的だった事、面白かった事をメモ書きしたものです。少し乱暴に書き並べていますがご了承ください。