国際基準で選ばれた酒

《 軸はぶらさない、今の良いところをもっと… 》

●竹田酒造は2013年、2015年のIWC(ワインインターナショナルコンテスト)の受賞で知名度が上がった。特に2回目の受賞は信頼という意味で大きかった。

●酒の味と設計は全て社長が行う。守るべきは昔からの酒質…もし、うちの井戸水で淡麗辛口を目指したら渋みが出てくるかもしれない。これは先代が試行錯誤を繰り返して作り上げたもので水の持味を最も引き出すものだ。

●社長は新潟清酒学校の2期生、息子さんは25期生、共に清酒学校で学んだ。

●大吟醸の醪造りは泊りで2時間おきにやる、夜は息子、早朝からは社長。

先代の苦労と努力で今がある。今もそれに負けない努力を重ねる。そのおかげで私達は旨い酒が呑めるわけです。息子さんは酒造りは毎日違うことがおきる、だから様々な手段をこうじる、大変で休みも取れないけど酒造りは楽しいと…。

ぽんしゅ館データとは、酒蔵さんとの話の中で印象的だった事、面白かった事をメモ書きしたものです。少し乱暴に書き並べていますがご了承ください。