目出度いと言えばこの酒で祝う

《 味のある、うま味のある飲み口、飲んだ後はさっぱり 》

●淡麗辛口とは一味違う、最初もさっぱり、後もさっぱりではつまらない。

●天神囃子(てんじんばやし)。地元では目出度い時にこの酒を贈り、この酒で祝う。30数年前までは他県の大手の酒が売れていた、この酒を造ってからは縁起のいい酒としてこの地域で売れだした。

●過去に大きな反省がある。以前の日本酒ブームの際に言われるがままに県外に酒を出したら地域で呑む酒がなくなった。地域に愛されて育った酒が地域に無い…これは大きな反省だった。現在県外出しは僅か10%程度。

天神囃子とは古くからこの地域で目出度い時に謡われ続けたものです。男衆が声を揃えて謡うのですがカッコいいのです。この酒は県外では買えない目出度い酒なのです。

ぽんしゅ館データとは、酒蔵さんとの話の中で印象的だった事、面白かった事をメモ書きしたものです。少し乱暴に書き並べていますがご了承ください。