ぽんしゅ館データ「酒蔵物語」とは、酒蔵さんとの話の中で印象的だった事、面白かった事をメモ書きしたものです。
少し乱暴に書き並べていますがご了承ください。

金鵄盃酒造

きんしはいしゅぞう
創業1824年
主な銘柄/越後杜氏・村松
新潟県五泉市本田屋863

産地呼称というハイスペックな酒
《品質と品格》

村松町は歩兵連隊のあった町、酒の需要は高かった。金鵄盃は金鵄勲章から。
この蔵は産地呼称、100%メイドイン新潟の酒を推進する蔵で奥様は女性としてその認証審査員を務めた。現在(2017年度)産地呼称を名乗れるのは23蔵で、さらにその品質の向上にあたっている。
米、水、造りが新潟であれば産地呼称を名乗れるものだと思っていたが、とんでもない…、利き酒による酒質の評価審査をクリアしないとダメなのです。しかも一度認証を取ればいいという事ではなくて、1年に1回、この審査に合格しなければならないのです。

お話をしてくれたのは奥様でした。内情の候も酒造りの大事な一部なのだと思います。この蔵は100%メイドイン新潟で益々うまい酒を目指している蔵です。

主な受賞歴
●全国新酒鑑評会2015
【入賞】 越後杜氏
●全米日本酒歓評会 ジョイオブサケ2019
吟醸部門【銀賞】 雪影 特別純米
●全国燗酒コンテスト2019
【金賞】 越後杜氏 特別本醸造 厳撰(審査温度45℃)
【金賞】 金鵄盃 銀撰(審査温度45℃)
【金賞】 雪影(審査温度55℃)
●全国燗酒コンテスト2018
【最高金賞】 越後杜氏 本醸造辛口(審査温度45℃)
●全国燗酒コンテスト2017
【金賞】 越後杜氏 本醸造辛口(審査温度55℃)