メッセージ

これまで、ぽんしゅ館は新潟の輝きを集めることが仕事でした。

もともとは「新潟自慢をしたい」といった動機からはじまった事業でしたが、それがいつの間にか、ぽんしゅ館自体が新潟の輝きになっているように思えるのです…。

私たちは、今まで以上に刺激的な事件を引き起こす映画オーシャンズイレブンのようなプロ集団でありたいと思います。

ぽんしゅ館はもっと輝くべきです。輝けば輝くほど、新潟県は、生産者は、そして、私たちは、輝きを増すのだと思います。

代表取締役社長
高村 秀夫

理念

私自身の人生をつくる会社。
皆が皆の人生を応援する会社。

「会社選びは、生き方を選ぶことだと思うのです!」
働くということは自分の大事な時間を使うということ。
私たちが望む生き方、人生とはいったい何でしょうか?
面白いことをやってみたい、自分の力を活かしたい、もっとキャリアを磨きたい…、といったことは人生のストーリーを描くうえで、とっても大事なことだと思います。

この会社はそんな人生を応援する会社でありたいと思うのです。

ぽんしゅ館 コンセプト

越後魚沼のドラマを食で語る

今は流通が発達し、必要なモノは何処にいても手に入るようになりました。それはそれで豊かなはずなのですが、必要なモノと豊かさとは少し違っているように思えるのです。これまで、大量生産、大量販売は経済社会にとって優先事項となってきました。結果、世の中にはモノが溢れ、モノと暮らす価値が希薄になっていると思うのです。

私たちが欲しいのは、モノではなくて「豊かさ」です。

私たちはその豊かさの質を地域に求めました。それは、暮らしに新たな経験や選択肢を増やし、生産者の可能性を広げ、地域の未来に活力を生むはずです。

私たちの成功は、買う人も、つくる人も、そして、それを売るわたしたちも、みんなが豊かさを感じて暮らしていくことです。この会社はそのために頑張る会社なのです。

ミッション

“暮しに新たな経験価値、選択肢を提案する”

文化とモノ、
文化とヒト、
をつなげる。

メッセンジャーとして、地域の魅力を掘り起こし、ストーリーをつくり、世の中に伝えていく。

わたしたちのミッションは、ワクワクするような経験価値を提供し、人びとの暮らしに、選択肢を増やしお客様の暮らしに変化を起こすことです。