ぽんしゅ館データ「酒蔵物語」とは、酒蔵さんとの話の中で印象的だった事、面白かった事をメモ書きしたものです。
少し乱暴に書き並べていますがご了承ください。

恩田酒造

おんだしゅぞう
創業1875年
主な銘柄/舞鶴
新潟県長岡市六日市町1330番地

米そのものの旨味を生かす酒造り
《小まわりを生かして楽しい酒造りに挑戦する》

この蔵の面白さは“鼓おりがらみ88”。こぞって精米歩合をどんどん高め(大吟醸酒などは半分以上削ります)奇麗な味の酒造りに向かう中で、米本来の旨味を出したいとして真逆の酒造りに試みた。精米歩合88%、つまり12%しか米を削らない酒。
利き酒の集まりでこの酒と餡子をペアリングしたところ思わず「へぇ~」という納得の声が皆からもれた。餡子に合う酒…? 不思議に思うかもしれませんが、これが日本酒の幅。
他にもこの蔵は古代米を使った酒も造っている。

精米歩合を高めることが主流となっていますが、酒は米と水で出来ます。その米丸ごとの持ち味を生かすというのは昔っからの本来の酒なのですが、今になると逆に新しい酒の様に感じます。不思議な感じです。